4年間を振り返る

4年間を振り返る

金曜日担当のM1(修士1年)の知野 進一郎でございます。

タクシ-業界は成長産業?

 えっ、て驚かれる方が大半だと思います。坂本先生のお話です。

理由はお年寄りが増えるから、単純な理由です。

また、坂本先生はタクシ-はその町に降りた最初の応対者なので、その町のイメ-ジをタクシ-の運転手さんが決めてしまうと。

重要ですがタクシ-会社の応対は気分の良いものではありません。

でも何社かは応対が良いタクシ-会社もあります。

病院の往復、買い物の往復、、、

徐々にそんな使い方が増えています。

平成元年頃、私の田舎の信州の松本でのこと。

美味しい焼き鳥屋の前でタクシ-が停まりました。乗客は?

なんと、

やきとり詰め合わせ!タクシ-に出前を依頼(笑い)。

PS 坂本先生の身長は、178センチと先週お伝えしましたが、183センチと訂正させていただきます。私の聞き間違いでした。(笑い)

先週の土曜日の坂本ゼミに東京都大田区の社会保険労務士の林 智之さんを招待させていただきました。

林さんは他の勉強仲間です。林さんは、障がい年金を手掛けて知名度を高め大田区内の
全ての障がい者が生活保護を受けることなく自立できる社会にすることを目指しておられます。

社会保険労務士の方々にも、障がい者を支援する輪が広がって欲しいと思います。
輪が広がるように林さんのお名前も紹介させていただきました。

金曜日担当のM1(修士1年)の知野 進一郎でございます。

先月の31日(土)に発売された「幸せな職場のつくり方、障がい者雇用で輝く52の物語」が、おかげさまで初版が売り切れ増刷になりました。多くの障がい者や施設の方も購入していただき感謝いたします。

3日(火)に48Pに掲載されている株式会社ウェルテクノスの服部社長に会ってきました。壮絶で素晴らしい人生を歩まれている服部社長、坂本ゼミの同級生です。4月のガイダンスに出席後、入院し退院してまもなく授業に出席されます。お見舞いに行きましたが勇気をいただきました。

本日、11時から出版記者発表会が開催されます。
障がい者雇用が人口比と同じ6%になることを信じ切ります

坂本ゼミでは、あす14日に2つの楽しいことがあります。
一つ目は、増刷中の「幸せな職場のつくり方、障がい者雇用で輝く52の物語」の48Pの(株)ウェルテクノスの服部社長が4月始めのガイダンス以来入院され退院後の初授業となること。

タイトルの「障がいと闘う自分のため、仲間のために、働く場を創り、就労を支援する」の通りの岐阜県の大垣市から通う服部社長です。

二つ目は、中国で坂本先生の本を読んで感激してはるばる日本に来て大学院に通う王 玲さんの中国講座がゼミ前の1時間で開催されることです。

王さんの持ち味を活かして「ニイハオ、シェ-シェ-、麻雀のおかげで数字の読み方しか知らない」私がどうなるか。楽しみです。

番外もありました。10日の時の記念日に静岡市役所で婚姻届け出をされたゼミ生同士の先輩の結婚式がありました。
4月の1年生の歓迎会で婚約が発表された先輩カップルです。
サプライズが多い坂本ゼミ。宿題は多いけれど楽しい。

金曜日担当のM1(修士1年)の知野 進一郎でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です