コクヨ 働き方改革で見学急増

中日新聞の昨日4月16日の夕刊のトップ。
快適オフィス公開半世紀、中央にオープンなカフェ
休憩所にゆりかご

コクヨ 働き方改革で見学急増

オフィス環境、福利厚生制度がいくら良くても、
トップ次第だ。

会社のトップ、部門のトップによって、働き方改革にもなり、働かせ方改革になる。

簡単な見きわめ方を紹介したい。
朝礼や会議に出たいか出たくないか。

特に月曜日に現れる。

嫌だな成績は悪いし、どうなんだどうなんだと残業の会議かの上司と

今朝は朝礼でこんな話をしよう、会議は勤務時間内、定時に帰り娘のバースデーパーティーか。

東京のコクヨのオフィスを見学したことがある。

上記の上の風土がコクヨだ。
社名の由来は
http://www.kokuyo.co.jp/chronicle/yowa/ci/

中日新聞のトップ記事
http://chuplus.jp/paper/article/detail.php?comment_id=542568&comment_sub_id=0&category_id=112&from=news&category_list=112

支えているのは東京本社の下地さん。
何冊か本を出している。下地さんのセミナーにも参加した。コクヨの伝統を受け継いでいる。

写真は上記のURLと下地さんのFacebookから。

夕べのクローズアップ現代では、病院と公立学校の
長時間労働を取り上げた。
公立学校では、上への報告資料作りも多くなっているようだ。企業も上への報告資料が多くなるのは、不要な本社社員がいるからだ。報告資料は無駄になる場合が多い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です