坂本光司著「経営者の手帳」」21~25/100

21,
世のため、人のためにならない制度や慣習は、今日のリーダーたちが創造的破壊をしなければならない。

22、
経費には。ケチってよいものと決してケチっては行けないものがある。

23、
経営者・管理者が重視すべきは「業績」でなはく「継続」である。

24,
社員を路頭に迷わせるなら、経営者も一緒に路頭に迷うべきである。

25,
企業経営の成否は、すべてトップにかかっている。
使命と責任が果たせない経営者は、潔く退出すべきである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です