坂本光司著「経営者の手帳」 51~55/100

51,
企業は私的なものではなく、社会的公器である。

52,
明確な経営理念がない企業の社員や、それが心に深く浸透していない社員は、方向舵のない飛行機や船に乗っているようなものである。

53、世の中には弱者は二種類ある。私たちが尽力しなければならないのは、いつの時代も「真の弱者」に対してである。

54、
正しい経営、偽りのない経営者は滅びない。

55、
次代(時代)は5つの眼で読む。
「主観ではなく客観」
「短観ではなく歴史観」
「ローカル観ではなく世界観」
「減少観ではなく本質観・原理原則観」
「企業観ではなく現場観・現物観・現実観(三原観)」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です