貴方から買いたい。

日本の産業界の人手不足問題。女性の7割が働いていて飽和状態だから、外国人にたのむ、というが、まだまだ、女性の質を高める働きかけをもっとしてもよいのではないだろうか。

某デパ地下の日本酒売り場。人だかりの中心に見かけた女性の顔が! 人的販売に精を出すOさん(女性)がいた。

私はOさんのファン! たまたま今日はこの店舗にいたOさん!買おう!と決めて人の輪に加わった。Oさんから受け取ったプラスチックの小コップに岐阜の酒造会社のラインナップが次々に注がれる。10種くらい呑む。お〜本日の労働のつかれがとれていく〜。

日本酒の知識が豊富なOさんの話しぶりにプロフェッショナル振りを感じて以来、ファンになった。私と同じようにファンが、嬉しそうにOさんから注いでもらう。まるで、保母さんとおやつをいただく保育園児のごとく。Oさんが次に店舗に来る日にちを聞いているファンもいる。追っかけともいう。

福島県の日本酒ではないが、Oさんを応援する意味で高いお酒を無理して買った。アチャー。

三軒茶屋のあ○お○という居酒屋から火がついて評判になった酒蔵らしい。1軒の居酒屋さんの影響力ってすごいんだなぁ〜。店舗にも行ってみよう。

Oさんの所属会社をこっそり聞いた。何かの時にお願いするかもしれない。

Oさんの人的販売の姿にふれるたび、働く女性の矜持を感じて感動すら覚える。ありがとう、Oさん。私もがんばります、と力をもらう。

日本女性の潜在的な力はかなりあるのでないだろうか!まさしくOさんは売り場で輝いていた!

(人を大切にする経営学会 東北支部 本田佳世子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です