いい会社になりたければ、いい会社に行く

「いい会社になりたければ、いい会社と付き合う」と坂本教授の弁。まず会いに行く、機会があれば会社見学会に参加する、などがお勧めです。

自分をさらに高みに持っていきたければ、自分の所属する分野で理想の人に会いに行く。会って触れて、理想とする人の思考、信念、ビジョン、などが、自分のそれらとどこがどう違うのか、自分と何が同じなのか? を考える。結果、触発されたり、課題の問題解決のヒントをもらったりと、収穫は大のようです。

たとえば、日本フィギュアスケート界! 羽生結弦さん、宇野昌磨さんらを間近に見てきた後続のスケーター達、紀平梨花さんにしても、羽生さんのジャンプや練習、試合に接するたびに、自分の中に学びを取り入れていけるから、成長のスピードも上がるというもの。

第9回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の表彰式は、絶好の機会です。今年は3月22日金曜日に法政大学で開催されます。人を大切にする経営を続けた結果、業績も良い、主に中小・中堅企業が表彰されます。受賞企業のプレゼンに、毎年、心を打つ感動で心が洗われます。接すると、経営のビジョンも格段に上がると聞いています。人生は短く、時間は限られているから、この機会を是非活かしてください。

        

(人を大切にする経営学会 東北支部 本田佳世子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です