「親に感謝、親を大切にする」

私が考える教育の究極の目的は「親に感謝、親を大切にする」です。
高校生の多くはいままで自分一人の力で生きてきたように思っている。
親が苦労して育ててくれたことを知らないんです。

これは天草東高時代から継続して行ったことですが、このことを教えるのに一番ふさわしい機会として、私は卒業式の日を選びました。

式の後、三年生と保護者を全員視聴覚聴室に集めて、私が最後の授業をするのです。

そのためにはまず形から整えなくちゃいかんということで、後ろに立っている保護者を生徒の机に座らせ、生徒をその横に正座させる。そして全員に目を瞑らせてからこう話を切り出します。

「いままで、お父さん、お母さんにいろんなことをしてもらったり、心配をかけたりしただろう。それを思い出してみろ。

交通事故に遭って入院した者もいれば、親子喧嘩をしたり、こんな飯は食えんとお母さんの弁当に文句を言ったものもおる…」

そういう話をしているうちに涙を流す者が出てきます。

「おまえたちを高校へ行かせるために、ご両親は一所懸命働いて、その金ばたくさん使いなさったぞ。

そういうことを考えたことがあったか。

学校の先生にお世話になりましたと言う前に。まず親に感謝しろ」

そして「心の底から親に迷惑を掛けた、苦労を掛けたと思う者は、いま、お父さんお母さんが隣におられるから、その手ば握ってみろ」

というわけです。

すると一人、二人と繋いでいって、最後には全員で手を繋ぐ。私はそれを確認した上で、こう声を張り上げます。

「その手がねぇ!十八年間おまえたちを育ててきた手だ。分かるか。…親の手をね、これまで握ったことがあったか?おまえたちが生まれた頃は、柔らかい手をしておられた。

いまゴヅゴツした手をしておられるのは、おまえたちを育てるために大変な苦労してこられたからたい。それを忘れるな」

その上でさらに「十八年間振り返って、親に本当にすまんかった。心から感謝すると思う者はいま一度強く手を握れ」

と言うと、あちらこちらから嗚咽が聞こえてくる。

私は「よし、目を開けろ。わかったや?私が教えたかったのはここたい。親に感謝、親を大切にする授業、終わり」

と言って部屋を出ていく。振り返ると親と子が抱き合って涙を流しているんです。

熊本の名校長・最後の授業 大畑 誠也(九州ル-テル学院大学客員教授)致知2011年1月号 特集「盛衰の原理」より

「人を大切にする経営学会」
中部支部
知野 進一郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です