誕生日に考える

5月21日は私の誕生日だ。特にこの日は、産んでくれた両親とご先祖様に感謝する日。そして、この日は「名前」という最初にして最高のプレゼントをもらった日でもある。

私の名前「敦:あつし」は、父が考案したそうだ。「あ」という音は、小さな子供でも抜群に言いやすい。友達から名前を呼ばれやすいだろう、と考えたらしい。コミュニケーションとビジネスが上手かった父らしい発想だ。それから、「優しい」人になって欲しいという意味を込めた、とも言っていた。

私は父が期待した通りになり、保育園時代から友達が多い方だ。「あっちゃん」と皆んなが言ってくれている。妻からもそう呼ばれる。友達が多いことは人生を豊かにしてくれている。友は人生の宝だ。名付けてくれた父・母には心から感謝したい。

子供を授かること。それは自動的に、「子供の豊かな人生を想像して、幸せになって欲しいという願いを込めて名付ける」という特典がもれなく付いてくる。名付けは、夫婦でする楽しいクリエイティブな共同作業だ(なかなか決まらないと夫婦喧嘩にもなるということは付け加えておく)

私の妻の名前は、当たり前だが私がつけたものではない。しかし、子供達の名前は二人でつける。苗字とのバランスがいいとか悪いとか。妻の漢字を入れたいとか。一文字にしたいとか。色々と意見を交わし合う。

私の両親は既に他界してしまった。今となってはインタビューできないが、私が生まれた当時の「名付け」に思いを馳せると、なんだか明るい気持ちになってしまう。父と母は、どんな希望を胸に、どんな未来の話しをしてくれていたのだろうか。きっと少しは喧嘩もしたのだろうか。

今年の誕生日も、両親の優しさを改めて感じ、感謝の気持ちでいっぱいになる日になった。

5月17日には、経営人財塾で坂本先生・事務局の皆さん・同期の仲間たちに誕生日を祝ってもらった。1年前には想像できなかった、優しい仲間やメンターに出会えて、これ以上嬉しいことはない。家族以外に、私の宝がまた増えた。

来年3月までの1年間、仲間と切磋琢磨しながら「人を大切にする業績のいい会社」になれるよう努力したい。1年後の自分や仲間たちの成長が楽しみだ。


両親:ハワイ新婚旅行の写真!まだ私は生まれていません!


37歳の誕生日に、息子二人+娘と!ハート形のハンバーグは最愛の妻による手作り!


人を大切にする経営学会人財塾でもお祝いしていただきました!嬉しいです!

人を大切にする経営学会 経営人財塾2期生
ユニファースト株式会社 代表取締役社長
橋本 敦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です