西精工様、徳武産業様に伺って

 人財塾二期生の小栗です。
先週、一期生の素敵な先輩方と行きたかった2社を訪問させて頂きました。

 西精工様については、2年前の転勤前に訪れたときに、西社長から素敵なアドバイスを頂戴したのです。
ちょうど、200人ほどのお客様センター長になるときで、
 「小栗さん、200人の方、1人1人としっかり話をして、その方が大事にしている価値観、趣味、家族構成などを把握するといいいです。そして家族のように気にかけてください」と
言われたとおり素直に実行した結果、全国最下位だったセンタが全国1位の社長表彰をとるまでのセンタになりました。
 「大企業であっても社員を大事にしたらいいんだ!それならできる」
と確信がもてたアドバイスでした。

 2年前にお会いした素敵な2人の係長や、社員の方との嬉しい再会もありました。そして、この2年の間にその3人の成長を実感させていただきました。話にしろ、質問にしろ、とにかく本質をついているのです。
 「どうしたら、御社では係長になれるのですか?」と聞いた答えが衝撃的でした。
 「部下を幸せにする覚悟がもてたらなれます」と

 いい会社は定期的に訪問して、その成長し続ける姿をみて、自分の行動におとしていくことが肝心だと確信しました。

 それと、徳武産業さま
十河会長は心友の社長が一番のメンターとされている方なのでお会いできて本当に嬉しかったです。温かいお人柄と笑顔が何より印象的でした。
 「部下を絶対幸せにする、困っている人を助ける」という覚悟をひしひしと感じました。
会社をレンタカーで出た後、後ろを振り返ると丁寧に頭を下げられていたそのお姿、在り方に心をうたれました。 

 どこまでいっても、人としての在り方が大事。素敵な2社から改めて学ばせていただきました。

人を大切にする経営学会人財塾 小栗 健吾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です