「死ねなかった。使命がある」

「死ねなかった。使命がある」

なにもかも上手くいかず、車で自殺しようとしたが恐怖感でブレーキを踏んでしまった。
高速道路ではガス欠。

京都市の「つえ屋」の坂野寛(さかのひろし)社長、19日に還暦を迎える。
死ねないのは使命があるからだ。

名古屋市の鈴木由夫さんもアメリカで死ねなかった。全国重症児デイサービス・ネットワークの代表理事として重症児とお母さんお父さんの為に奮闘している。

人間、老いと共に外出するのが億劫になる。阪神タイガースファンだったらタイガース杖、おばちゃんおじいちゃんも派手な色の杖にランラン気分になるので外出する。生涯現役を実現する杖。

2021年に上場してお世話になった「視覚障がい者支援施設、ライトハウス 」に上場した利益で10億円の寄付をする。
「アホかおまえ」の声に有言実行の坂野、実現する。

9000種18万本の杖。

去年の6月には関西の「日経ケイザイ」に1面全面取材を受けた記事が掲載されている。

輸出はしないが40か国から仕入れる。坂野、毎月、海外を飛び回る。
売上は2億円、粗利は非常識な91パーセント、外国から仕入れるので91パーセントになる。

倒産し自己破産したことがあり、
財務について無知だった反省から
税理士4名、公認会計士1名に監査を受けている。
自社で仕訳をするが、試算表とのチェック、今や300Pもある経営企画書との落とし込み等、5人の専門家目線で万全を期す。

5人の専門家目線のチェックを受けるのは岐阜県中津川市の「サラダコスモ」も数年前に100億超の売上を達成した人に優しい企業だ。

拡大読書機、視覚障がいの方に明るさを与える。

2014年に2週に渡り放映された「ルソンの壺」のユーチューブを見ていただきたい。
共に12分余りで坂野社長の視覚障がい、タイトハウス、拡大読書機等が登場する。
https://m.youtube.com/watch?v=5DOK3nqXwIs

https://m.youtube.com/watch?v=2rc3Hrsk8sA

静岡県浜松市に50名の視覚障がい者に働く場を提供する「六星」の斯波理事長がいる。

数年前にあわや死の大病をしたが、死ねなかった。

視覚障がい者の為に色々な商品開発をしている。
坂野&斯波で視覚障がい者だけでなく、他の障がい者、老いの人のために非常識な商品を開発して欲しい。

直営店11店、東京にもある。全国の百貨店でイベント販売がある。売上の半分を占める。

敬老の日の9月の売上は最高になる。
イベント等もHPから確認して欲しい。
http://www.e-104.info/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=tsueya&yclid=YSS.EAIaIQobChMI0qnQgJKh4wIVzRErCh2ACAWZEAAYASAAEgK2pPD_BwE

「見えなくなって、見えるものがある」

「追いかけたらお金が逃げていくけど、追いかけなくなったら逃げなくなった」

坂野 寛

「人を大切にする経営学会」
中部支部
知野 進一郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です