視覚障がい者に働く生きがいになり給与になる。

視覚障がい者に働く生きがいになり給与になる。
静岡県浜松市に50名の視覚障がい者に働く生きがいと給与を払っている「六星」がある。

議員、市長等は名刺交換をすることが多い。

今回の参議院選挙でも六星の点字名刺を配っている議員かいる。

目が見えにくい方と全く目が見えない方がペアで1枚1枚印刷された名刺に点字と表面の左下に凹を入れる。

目が見える方は分からないが凹は、視覚障がい者は凹で名刺の表と裏、上下が分かる。

全国アチコチに行っているが首長も職員も障がい者が作るものを使用しているが、首長だけ公費で支払いをして職員は自費でというケ-スに出会う。

給与は首長が上だが、。

民間の企業でも同じことが行われていれば経理マンが言わなくても一人の社員が気づくとその職場の雰囲気は負のサイクルになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です