強く生きたいと願う君へ

強く生きたいと願うきみへ

坂本光司先生の著書のうち、坂本ゼミ生がお気に入りの本の上位に挙げたのが、「強く生きたいと願う君へ」です。

『「本当に強い人は、何があっても他者を責めません。そして、例外なく、どんなときでも弱者に優しい。そうでない者は、たとえ一時「勝者」であっても、必ず滅びるのです。それば、四十年間にわたり、六六〇〇社の経営者・従業員の生き様を見てきた私がつかみ取った「ゆるぎない真実」です。』という文章で始まります。

そして最大のポイントは、経営者の「自律心」と「利他の心」だと説きます。

『社員や取引先、お客さまをはじめとする関係者を幸せにしたい、世のため人のために役に立ちたいという「利他の心」を軸にしながら、他者に依存、追随せず、自分の頭で考え、自分の足で歩き続ける。そんな姿勢を貫く経営者やリーダーのいる会社は持続的に成長するのです。』

『お金や物的優位性を誇ることもありません。もっと「高い価値」を人生に求めているからです。だからこそ、地に足のついた確かな足取りで人生を歩んでいけるのです。人生に逆風はつきものです。しかし、こういう生き方をする人は、ちょっとやそっとのことでは折れません。周りにも支えられながら、いつか困難を乗り越えていくのです。』

(人を大切にする経営学会 東北支部 本田佳世子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です