今週の日程

先週は、浜松の大学院当時の教え子の一人が、苦節20年ですが、博士号を授与されました。

現役の立派な経営者ですが、より良い企業にしたいと仕事の合間をぬって、20年間、研究をしていたのです。

自分事のようにうれしい限りです。

また先週も外に出ることを控えておりましたので、ある民放から生でのラジオ番組の出演を依頼され、自宅で15分くらいでしたが、対応しました。

ラジオを聞いた多くの方々から反響をいただきました。

さて、今週の日程です。

今週も先週に続き、びっしりだった会議や講演会がほとんど延期または中止になっていますので、基本的には自宅対応です。

ただ、いつまでもというわけにはいかないので、PCを利活用した遠隔会議や電話インタビュー等が動き出しています。

20日(月)から25日(土)は、基本的には自宅書斎ですが、この間、「中小企業人本経営(EMBA)プログラム」の関係者との遠隔会議や、雑誌社からの電話取材、さらには、審議会の遠隔会議等が入っています。

秋に出版予定の今年度3冊目の本は、ほぼ粗原稿ができましたので、これから少しずつ、本原稿にしていく作業があります。

また5月からスタートする「大学院事業」の6時間以上の遠隔講義の準備もあります。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、大変な毎日ですが、もう少しの我慢です。

こういう時は本を読んだり、勉強するのが一番です。

では、また来週…

                    (坂本)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です