障がい者とZoom

一概にはいえませんが、Zoomをすれば、重い荷物を持って電車に乗ってセミナー会場に移動する必要がなく、時間の5分前にパソコンの前に座れば、Zoomでセミナー講座も可能なので、時間の壁、空間の壁を超えられるZoomは、身体障がい者の方には、大変に利便性のあるツールだと思います。

実際、起業のためZoomを学ぶ身体障がい者の若者を知っています。「ハッ!」と衝撃を覚えました。身体に障がいがありながら、オンラインで0ベースでビジネスモデルを立ち上げようとする勇気とチャレンジ精神を見たからです!

身体障がい者の方で、Zoomを学ぼうとお考えの方こそ、応援したいですね!

健常者であるならば、なおのこと、独自のビジョンを掲げて、どんな現実でも立ち向かう気概を奮い立たせましょう!

「松下幸之助さんも、本田宗一郎さんも、始めはみんな中小企業だった」と坂本先生は、中小企業経営論で仰っていました。「確かに!」そうですよね。その時代の日本人は燃える闘魂(笑)があったのではないでしょうか! 私たちも、自分を信じて、仲間を信じて、未来を信じて、子孫のために戦ってまいりましょう! 大げさすぎ(笑)

さて、坂本ゼミ生だった時、福岡からわざわざ、東京・市ヶ谷まで通っていらっしゃるゼミ生の先輩がいました。警備会社の社長さんです。障がい者の方を警備会社に雇用して、立派に事業を展開されています。いつもニコニコ笑顔なのですが、時に、九州男児らしく、1本芯の通った強い信念を持っている側面を、私は数回拝見しました。そんな先輩の岩﨑さんが、今回、「第10回 日本でいちばん大切にしたい会社大賞」を受賞されました! 以下は、受賞の感想です。

審査委員会特別賞
ATUホールディングス株式会社:https://atu.co.jp/
代表取締役 岩﨑 龍太郎

『この度は、警備分野の企業初となる栄誉ある賞を頂き、社員一同心より感謝を申し上げます。それと共に身の引き締まる想いです。

私たちATUホールディングスは「障がいがあっても良道な仕事が出来ることを証明し伝えること」を使命として、お客様の警備にあたっています。社員が幸せに働くためには物心両面の環境を整えることに重きをおいて組織づくりをして参りました。

坂本先生に師事し、道半ばではございますが受賞に恥じない会社にすべく、社員一丸となって今後も研鑽を重ねて参りたいと存じます。』

岩﨑さんらしい真摯な姿勢が伝わる文章です。

9月12日(土)は「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞授賞式です。Zoomでも視聴できます。
日本には、こんなにも素晴らしい会社があるんだ! と感動されること、間違いなしです。ぜひ、感動を共有されてください!

(人を大切にする経営学会 本田佳世子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です