組織と人は5段階で育てる

坂本光司先生の「人を大切にする経営学講義」の中でも、「企業の盛衰は人財が決定する」とあります。

私は経営学の中で特に人財育成を深堀しました。私の人財育成の先生は、荒れた中学を陸上部活で立て直した原田隆史先生です。

激しく変化が起きる世の中ですが、人財育成は止めずに着実に続けていきたいものです。

原田式人財育成の5段階を、会社の人財育成に活用されてください。

〈1段階 帰属意識の醸成〉 ストレスの壁を取り除くため、仲間意識を高めて組織に上手になじませて一体感を醸成する(例/制服、カラー、社章、社歌、朝礼、同じ挨拶ややり取りなど)

〈2段階 賞賛〉 良い行いや長所を誉めてストロークを与え、エネルギーをますます高めて育てる

〈3段階 教育〉 ○<肯定>×〈部分否定〉のフィードバックで、方向性を明確にし、そちらに向けて動かして育てる

〈4段階 強化〉 鍛えに鍛える! 本番さながのたくさんの数の練習試合をし、成功や失敗の試行錯誤を重ねさせる。失敗してもOK!挑戦! やってみなはれ!

〈5段階 勝負〉 重箱の隅をつつくように細部まで質を高め、迷いなく勝負で結果を出させる。

いかがでしょうか。育成の極意です。組織と個人が5段階のどの段階におられるかを自覚し、一つ一つ段階を踏んで上を目指してまいりましょう! 人財育成は手ごたえがあって楽しいですよ! 

私もゼミ生時代、坂本先生に褒めていただいたり、逆に、その行動はいかがなものかと部分否定もいただいたり、有難い機会を頂き感謝です。私はまだまだ未熟なので、自分育て甲斐があります(失笑)。

(人を大切にする経営学会 本田佳世子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です