「コロナが収束しても」

「コロナが収束しても」

3月中旬以降、初めて品川に1泊し往復した。

コロナ前は泊まらず月に2回、往復していた。

コロナで価値観が変わった。

研修も会議もズーム等のオンラインで可能だ。

飛行機、JR、私鉄、バス等の往復の交通費、宿泊費も浮く。

移動時間も無くなるのも大きい

影響する会社に勤務する社員はグループ企業への異動、新しい仕事、業態の転換を図る必要がある。

タクシーは新しい利用が始まっている。

夕食も我が家にと価値観が変わった。3.11東日本大震災後も数か月間は早く帰宅した。

コロナで我が家で仕事ができる。

外食産業も平日を含めて家族客を狙いたい。

ホテルもかなり安いがガラガラでホテル内のレストランも再開は難しい。

外国人がどのくらい戻るか。

高いか安いか両極端しか生き残れないと思う。

コロナでも社員、パート、アルバイトを雇用し続ける。創造的破壊の提案で乗り切って欲しい。

「人を大切にする経営学会」

中部支部

知野 進一郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です