No128記憶に残る経営者の言葉㉘ 叶 匠寿庵(滋賀県大津市;和菓子製造販売)芝田 冬樹社長

2015年2月に伺った叶 匠寿庵さん。

現在3代目の柴田冬樹社長は“創業50数年では新参者”だといい、2代目のご長女と結婚され娘婿の立場として3代目の苦悩や覚悟の中から、創業からの理念を改めて大切にしている貴重なお話を伺いました。

柴田社長は社員によくこのお話されるといいます。

“今はまだまだだが、10年後この会社にいてよかったと思えるようにするから”

柴田社長は『おおみたから』という叶 匠寿庵の理念を凝縮した冊子を作りました。

『おおみたから』には、

“お菓子作りは農産物加工業”

“自分たちが育ててきたからこそわかる素材の良さをお菓子作りに活かしていく”

と書かれています。

視察から5年経った今も『おおみたから』を手に取ると心が温まります。

63000坪の広さがある叶 匠寿庵の寿長生の郷、是非一度は訪れてほしい場所です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

以前に投稿した記事は 叶 匠寿庵【No96いい会社視察2015/2/21】 このブログ内を検索してご参照ください。

***補足***

この投稿では「法政大学大学院 政策創造研究科 坂本研究室」や「人を大切にする経営学会」での経験をもとに毎週火曜日にお届けしております。個人的な認識をもとにした投稿になりますので、間違いや誤解をまねく表現等あった場合はご容赦いただければ幸いです。(人を大切にする経営学会会員;桝谷光洋)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です