自立と連携

経営学の師匠はもちろん坂本光司先生です。人財育成を深掘りしたくて、教育は原田隆史先生に師事しました。

人を大切にする経営学会会員の会社さまに、Zoom使い方を教えさせていただいています。どちらの会社さまも、土台の人財育成をしっかりやられています。

私が人財育成について、これらレベルの高い企業を作られた社長さまに、アドバイスを求められたら、何と答えるべきか? 日本一、世界一を目指すとき、人財育成に必要なことは何か? 原田隆史先生に確認しました。

原田先生いわく、「自立型人間です。人格が育成され、国家のために働ける者の人格形成は、外せません。能力については、AIなどの最先端科学や技術の導入に関することをしなければ。または導入しなければなりません。不易流行です。不易、変えてはならないのは人格、人間生成であり。流行はAIやITの導入です。そして、単独で事業せず、有力企業と合体し大きな力を高めることが理想です。余談ですが、経営者同士が連携し、さらに大きな団体やチームにし、自給自足的な組織が作れると理想です。仮想通貨もあるので、共和国構想なども面白いです。」と返ってきました。

シンプルな原理原則です。自立して、他社と連携ですね。

坂本先生と、原田先生の考え方は、自立、利他、など共通するところが多いと、以前から感じていました。一流の方々の本質を見る目の確かさを学びました、感謝です。(人を大切にする経営学会 本田佳世子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です