人財塾の魅力

昨日に続く。

人財塾の魅力は企業訪問だ。

人に優しい企業を訪問する。

私が坂本ゼミ2年生の時に訪問した企業が訪問後、更に成長するのは何故かと考えた。

社員とその家族の幸せを優先する社長は、親しい社長から「お前、社員とその家族を幸せにするを優先する?売上や利益を出さないと何もできないよ!バカだ!」と言われて、多少不安を持ちながら経営を続ける。

坂本先生が訪問して「社長、あなたの考え方は正しい。自信を持ってやりなさい」と言われて自信を持ち不安が無くなり正々堂々と経営する。訪問した企業に聞くと当たっていた。

坂本先生と坂本ゼミ生で企業訪問訪問後、バスの中で一人一人感想を述べて「なるほど参考になる」と情報交換が出来る。

坂本ゼミの同級生とは年齢が違っていても友達感覚で話しができる。

人財塾生も同じと思う。

昨日紹介した愛知県一宮市の「エコ建築考房」の喜多社長の講演資料を、私が知っている静岡県の喜多社長と同世代の建築業の社長に送った。早速、来月に訪問することになった。人に優しい企業が広がれば幸いだ。

家族にも感謝したい。

私は自分も予想しなかった定年退職後の週に2〜3回の大学院への通学。妻には坂本ゼミの忘年会等の行事以外は東京、静岡の授業が終わると愛知県の自宅まで帰ることを約束して卒業まで守り通した。

家族や送り出してくれた社長や社員への感謝も忘れないで欲しい。

写真はエコ建築考房のモデルハウス。

「人を大切にする経営学会」

中部支部

知野 進一郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です