「発達障がい、日本・世界を創造破壊する」

今週のカンブリア宮殿はニトリの似鳥会長だった。

びっくりした。番組の最後に似鳥会長が発達障がいである事を明かした。

小学校では、自分の名前を漢字で書けない。高校生になっても書けなかったようだ。
人の言うことを最後まで聞けず、先生の言っていることを理解できなかった、、。

なんとか大学も卒業したが就活は散々だった。

今でも自分の周りの片付けはできないので奥様が面倒をみる。

似鳥会長が北海道の余市町にニトリ観光果樹園を開設した。
東大の教授が始めた発達障がいなどで学校生活が難しくなった子供たちの才能を、発掘する活動「異才発掘プロジェクト」の一コマだ。
似鳥は1億5000万円を投じた。

この子供たちや発達障がいの方が日本、世界の難問を解決するかもしれない。

世界各地の強国同士の代理戦争、
原子力の燃えかすの最終処分方法の解決策、日本人、世界の人々を幸せにする方法、、。
発達障がいは一芸に極端に優れている人もいるからだ。

「人を大切にする経営学会」
中部支部
知野 進一郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。