がんばりリーダーのジレンマ

経営をされて困難な時にも人一倍涙をこらえてがんばって
何とか踏みとどまることができたとき、

家族や社員がなんか寄ってこない???
そんな裸の王様になってしまったときは、

黙って相手の話を聴く時間をとってあげてください。

自分に厳しいと相手にも厳しさを要求してしまい、
怖がられて、
何を言っても
パパ(ママ)、社長(上司)には話しても無駄だから、話すのやめようと、
見限られているのかも???

実績上げても、
孤立した不幸なリーダーにならないためには、
黙って相手の話に耳を傾けることからしましょう。

幸せなリーダーでいてほしいです。
リーダーとしてすごくがんばってきたのだから。

まず自分を許してあげてくださいね。

自分を許します、と何回も言っていると、
緊張が緩んでいくのを感じられます。

(人を大切にする経営学会会員 本田佳世子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です