目標と手段

大谷翔平選手の活躍

今日は、達成力についてです。

スポーツの世界で、最近、多くの話題になったのが、大谷翔平選手です。

日本の野球選手として、メジャーリーグの記録を塗り替える偉業を成し遂げました。

人財育成という観点から、大谷選手の達成力の土台のメンタルとなった『考え方』はどのようなものだったのでしょうか?

有名なのが、花巻東高校時代に、彼が書いた「オープンウィンドウ64」です。

これは、原田隆史先生が開発した原田メソッドの1つのツールです。

中心に、大谷選手が書きだした『目標』が書かれてあります。

8球団からドラフト1位指名になる!

中心に『ドラ1 8球団』と明確な目標として書きました。

そしてその周りに、そのために必要な要素を8個書きこみました。

「体づくり」「コントロール」「キレ」「スピード160km/h」「変化球」「運」「人間性」「メンタル」です。

前半は体づくりやスキルについてですが、「運」「人間性」「メンタル」をあげているのに注目です。

さらに、たとえば「運」を上げるための要素を8個考えました。

「ゴミ拾い」「部屋そうじ」「審判さんへの態度」「本を読む」「応援される人間になる」「プラス思考」「道具を大切に使う」「あいさつ」

大谷選手が素晴らしいのは、毎日欠かさず、実践してきたことです。

結果、プロ野球選手になる夢を達成できたのですね。

あなたの会社や、あなたの夢、目標、達成の手段は何ですか?

(人を大切にする経営学会会員 本田佳世子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です