どんな人に優しい経営をしても命あってこそ〜主治医は私、透析を回避する〜 

どんな人に優しい経営をしても命あってこそ〜主治医は私、透析を回避する〜 

長文をお許しください。

成人の8人に一人はCKDで年々増えている。正常でもCKDになると急激に悪化するので90歳まで元気を考えると真剣に考えたい。血液検査のクレアチ二ン値が1.101以上、相関関係があるGFRが60を下回ったり尿蛋白が+1以上がCKDだ。

知野はクレアチンが1か月前の2.77から2.62へ GFRが19.0から20へ 尿タンパクは+3から+2へとあり得ない良化した。何もしないと透析になる。

私は2011年からCKDで大学病院の医師は5年後には透析と思っていたらしいが10年経過しても元気で稀有な成功事例らしい。68歳の私、何歳から透析かと聞くと84歳と言う。

健康365で紹介された千葉県市川市の佐中孜先生は20床程の透析ベッドがあるが、透析をさせない稀有な医師だ。クレメジンを服用し悪化スピードは緩やかになった。1か月前に111歳から透析と言われたが純炭粉末(きよら)を20日ほどクレメジンに追加したら1年前の数値まで戻った。更に先月から保険適用になったファシーガを追加する。期待したい。

CKDは一般的には、自宅で安静し、透析で入院して不味い三食で楽しみが無くなり、帰らぬ人になる場合が多い。それを適度な運動と食事療法で透析を遅らせるのだと思う。私のお世話になった遠方の先輩もそうだった。入院前は私が行くと歩いて近くのレストランでの食事を楽しんでいた。入院後は半年毎におにぎりやパンを差し入れて美味しそうに食べた。でも2〜3年入院して帰らぬ人になった。

1.私は安静と言われても愛犬初代&2代目シシィと毎日散歩していた。一日5000〜6000歩を週に4日は継続している。

塩分制限と必要なタンパク質を摂り、それ以上のタンパク質は摂らないはほとんど不可能だ。食事専門会社からおかずだけ宅配していただいたが不味くて2回挫折した。

3月末の佐中先生の初診時に食事は自分で研究して実行しなくてはと言われた。数年前に今の血液検査値だと改善しなければと思い、健康番組等を参考に食事を妻の協力を得て研究に研究を重ねて次のようにした。

1.から3.はCKDに限らず長寿の秘訣だ。参考になれば幸いだ。

2.毎朝、りんご、にんじん、キウイ、バナナ、柚子茶をミキサーしたジュース、20年以上食べているスーパーの玄米からアンチエージングの師匠、渋谷区広尾の満尾正先生推薦の玄米に替えた。柔らかく美味しい。妻より少食で350gだけ

サラダ=サニーレタス、トマト、スーパーのサラダ、チーズ、わかめ ひき割り納豆にみょうが、ミキサーしたオクラ、しらす めざし2尾にレモンをかける 味噌汁=生姜少々、高野豆腐、昆布、干し椎茸、酒粕、わかめ

1食20〜30分時間をかけてよく噛む、唾液が出て噛む力もつく、腹6分程で満腹、力も付き、頭の回転も良く、誤嚥もなくなった。

土光敏夫は玄米に自家栽培した野菜に味噌汁、糠漬けで91歳で天寿をまっとうした。

ランチも少々、夕食はサラダにわかめが多い。

3.体重も重要な指標だ。10年前は82キロあり降圧剤を飲んでも上か150〜180だったが愛犬シシィと散歩して現在は69キロ台で、弱い降圧剤を飲んでいるが120〜130程度だ。

クレメジンとファシーガは医師の処方だが、きよらはアマゾンでも買える。でも知らない医療従事者が多いようだ。

CKDは佐中先生によれば一人一人違うので、悪化させたくない場合は佐中先生を受診したい。

少しでも良い方法があればと研究に継ぐ研究をした。

日本人は玄米、適量な塩分が必要だ。

4.私は下記の本を知り、佐中先生に塩分制限をやめて毎日梅干しを1つずつ食べて益々元気になったので、ポイントをコピーしてヒマラヤの自然塩と梅干しを持参して塩分の必要を説明した。佐中先生はそこまで勉強している人はいないと了解をとった。

また、佐中先生、満尾先生、かかりつけ医と処方する薬のアドバイスをいただくが決断は私がすると断言している。主治医は自分だ。

下記の2冊が私の理論を裏付ける。自分で考えて実行したことの裏付けとなり私の自信になる。

○腸から体がよみがえる胚酵食

前半

後半

○「空腹で歩くと病気にならない

佐中先生の記事は発売中の健康365の12月号に掲載されている。

師匠の坂本光司先生は少食で重い本・書類をキャリングケースで歩く良いお手本がある。

健康365の6月号には発達障害等が米ぬかレシチンで治ったストレス日比谷クリニック酒井院長の記事がある。アマゾンでも入手できる。

人を大切にする経営学会会員も世の為人の為に長寿になる生き方を研究しても良いと思う。

塩分量は

標準体重、血圧も正常でも、体重が40キロと70キロで18歳以上の男性は一日8g未満、女性は7g未満と厚労省が決めている。WHOは5g未満としている。

薬剤メーカー、医者が儲かるように正常血圧値を下げたようだ。

人間の命より儲けを優先する厚労省は間違っていると思う。

「人を大切にする経営学会」

中部支部

知野 進一郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です