定額給付金

野口具秋です。
やっと我が家の定額給付金が来ます。手続きを開始してから1か月近くを要しています。ワイフはあまりにも遅いためにネコばばしたのではないかと疑惑の眼差しを向けました。思いあぐねて市役所に連絡するとさんざん待たせた揚句に、「5万世帯あるのだから仕方ない」とソッケナクお答えになりました。

3人分ですので合計36千円です。今の私には大金です。
新社会人として、半年間の研修に入っている息子が研修の合間の帰宅期間中に、「定額給付金は自由に使って欲しい」とワイフに小遣いと食事をプレゼントしてくれたおり言い添えた言葉です。

いつの間にか、こんな言葉を残してくれるくらい成長し、独立した姿にワイフは感動の涙を流しながら「有意義に使う」と答え金はサッサと仕舞ってしまいました。これからは学資にかかわる出金もなくなり、生活も一変します。眩しく、凛々しく、誇らしげに映ったことでしょう。

前祝いに豪華に大胆にランチのステーキを食べに行きました。
近いうちに、駅前に寿司屋が新装開店します。週末の高速道路は渋滞が酷過ぎ遠出は無理のようです。ありがたく子供の意志を尊重し消費に回すことにし、自分の分は定期にして大切に守りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です