食に思うこと

爽やかな季節を迎えました。この時期に体力を
養うことが夏を乗り切る良い方法だと思いますが
いかがでしょう。

我がたこ満でも新入社員を迎え2度目の合宿をさせて
いただきました。

日程は5月17日、18日、19日の2泊3日のお寺の合宿
です。

まだ若い人たちが正座をし、黙って食事をするのも
良いことだと感じ毎年実施しています。

食事のときは「五観の偈」を唱えていただきます。

一つには、功の多少を計り、彼の来所を量る。
二つには、己が徳行の、全欠をはかって供に応ず。
三つには、心を防ぎ過を離るることは、とんとうを宗とす。
四つには、まさに良薬を事とするは、ぎょうこが療ぜんがためなり。
五つには、成道の為の故に、今此の食を受く。

今いただくものは、ここにあるまでの諸しょの課程や、心遣いや
多くの手数などをおもんばかり感謝しましょう。
この食をいただく自分の行いは落ち度がなく、この供養を受ける
にふさわしいであるうか反省しましょう。

仏教の教えをいただき、食事をいただけること、仲間、生産者
動植物とすべてに感謝する心の尊さを改めて感じた日々でした。

新入社員も全員無事に合宿を終了し、また一回り
大きく成長したように感じました。

ありがとうございました。平松

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です