ガンダム、静岡市に立つ!

日本一のプラモデル生産地・静岡市は、現在「模型の世界首都」として世界へ情報発信するべく、シティプロモーションを展開しています。その一環で、静岡市葵区長沼のJR東静岡駅北側市有地に、昨年東京お台場で話題となった「実物大ガンダム像」を設置しています。

我々30代後半の人間はまさに“ガンダム世代”。「実物大ガンダム」はまさに憧れの的で、若手ロボット工学の研究者の中には、「本物のガンダムを作りたい!」という熱烈なファンがいると聞きますから、まさに、日本の科学技術力を支えているアニメといっても過言ではないでしょう。


現在の作業状況です。下半身が設置されていました。


JR東静岡駅から撮影。取り付けを待つ両腕も見えます。

完成前だというのにカメラを持ったファンのほか、「あれがガンダムかね」といって散歩しているおじいちゃん、おばあちゃんもいて、現場はとても賑やかな雰囲気です。7月のお披露目に向け、今から楽しみですね。

以上、静岡市の現場から“ガンダム情報”をキナミがお伝えしました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です