駅のバリアフリー化が進んでいる

こんにちは、三橋康司です。

6月はどのようなイメージでしょうか。
僕は梅雨の季節だと思います。
今年は降らないな~と思っていたらようやく雨です。

これを乗り越えて来る夏が今から待ち遠しいです。

川崎では駅でのエレベーター設置工事が進んでいます。
3つある路線の東海道線と京浜東北線で工事が進行して
います。

でも一つ思うことがあるのです。
利便性に今一歩なのです。
たしかにエレベーターが付き車いす利用者やベビーカー
を押す方にとっては便利かもしれません。
しかし、設置場所がホームの端だったり改札が限られて
いたりと遠回りしないといけないのです。

川崎は羽田空港の国際化を視野に入れてこの時期に
工事を行っているのかもしれません。

でも設置だけの工事だけでなくもっと利用者の声をとりい
れるべきだと思います。

初めての利用者にとって分かりやすく移動しやすい駅と
なれば人の流れもまた変わるかもしれません。

歩行が不自由な方の行動範囲とベビーカーを押す人に
とって快適だと思えば雇用対策と少子化対策にも多少の
影響があるのかと思いました。

ハードとともにソフトも忘れずに取り入れたいですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です