リッツカールトンホテルデビュー

今朝の朝礼で読み上げた「職場の教養」の中に
日本に来られたアメリカ人の大学教授が、
新幹線のグリーン車で配られる紙おしぼりに感動
し 「日本は衛生的で素晴らしい」と紙おしぼりをおみやげにした
という話が取り上げられていました。

先日旅行で接客の有名なリッツカールトンホテルに
宿泊する機会がありました。

ベルボーイの対応はどうだろう・・
フロントはどのような対応だろうと大変楽しみに
出かけました。

行き先は韓国でした。

ホテルは大変きれいで、立派なホテルでした。
部屋も大きく、備えられている備品も良いものでした。

しかし、日本と韓国の違いでしょうか?
日本はきめ細やかなマナーが出来ている国だと思って
います。日本人が求めるサービスは高いものだと思って
います。
その感覚の違いでしょうか?

韓国のリッツカールトンでは、
ベルボーイは荷物も持たず立っているだけでした。
朝食では、少々早目な時間となると係りの人は
2~3人と少数でドリンクのサービスも滞る状態でした。

私は期待が大きすぎたのかと反省もしました。

来週は別のホテルに泊まりますので、比較してみます。
報告を楽しみにしていてください
平松

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です