魔法の鍵

今日は、朝から全脳思考ファシリテ―ション講座第一回の講義を受講。
自己変容のために必要な免疫の解除の方法などを学ぶ。

夜は、父と二人で新宿の紀伊国屋ホールで
南直哉さんの恐山夜話を聞いてきました。

あとどれだけ親孝行できるだろうか。

話はがらっと変わって、
先日、某出版社のI編集長と銀座のてんぷら近藤で
ランチをした。

そのときに、不意に昔話を切り出された。
それは、自分でも記憶を封印していたこと。

いろんなことがあって、某N社からは、
『当社(興和サイン)は、御社(N社)のおかげでこれだけ大きくさせていただきました』と
一筆書け、と強要されたりもした。

振り返って見れば、そんなこともあったっけなーと昔を記憶をたどってみた。

当時若かった僕は、確か、弊社は、N社のおかげで、今があります。N社様には
とても感謝しています。というような一文を律儀に書いたような気がする。

要するに、誰のおかげで飯が食えると思っているんだ。
うちの会社に逆らうなよ、という釘を刺されたわけである。

そんなN社もすっかりと斜陽なのだろうか、
当時の僕をたたきつぶそうとしてた人たちもそのN社をリストラされたり、
どうもここ数年まともな賞与を支給されていないみたいで、
僕の天敵だった人間が先日、僕に借金を申し込んできた。

普通だったら、断るとこだけど、僕はその借金を
受け入れた。

いまに、見てろよ、こんちくしょーという
反骨精神が僕を支えてきたわけであるが、
時間の経過とともに、憎しみや怒りの感情も薄れ、
僕は、どうやら許せなかった人たちを許せるようになってきたのかも
しれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です