素晴らしき経営者と意気投合

先週お伝えしました拙書「元気な社員がいる会社のつくり方」をお読になり、感動のFAXを入れてくださった経営者の方が当事務所におみえになりました。このためにわざわざ大阪からお越しくださいました。

話は、最初から完璧にかみ合い、まさに意気投合した、かつてないほどの充実した初対面となりました。
社歴10年、社員数も40名を超え、業績も堅調な会社さんでした。
なさっているお仕事も間違いなく、同社の商品の向こう側には笑顔が生み出されています。
成功しているといって差し支えない現況です。

しかし、ここからの経営は業績だけでなく、「社員がしあわせになり、支持され、成長する会社」にならなければならないと志を新たにもたれ、今、まさに経営理念の見直しをしているところだったのです。
経営理念について書かれている本を相当手に取ったそうですが、ほとんどが曖昧模糊として実践には役立たなかったが、拙書はマーキングだらけになるほど腑に落ちた内容とおっしゃっていただけました。

ここまで人本主義の理念経営に成功している企業さんでのいくつかの感動的なエピソードをお話させていただきました。
正直驚きました。
私の話を聞いて涙をこぼされているのです。
こちらまで胸が熱くなってきてしまいました。

本当に素晴らしい素敵な経営者さんと出会い、その日はこちらが幸せな気持ちに充たされました。

即決で来月から、理念研修を実践させていただくことが決まりました。
これから毎月1回、大阪へ行きます。
理念研修は全員参加なので1回20人程度が限界です。
40人超なので、午前、午後3時間の研修を1日2回組むというけっこうハードな仕事になりますが、皆さんが真に幸せになっていただけるよう、もてる力をすべて注ぎこんでいきます。

数年後、すごい会社になっていそうな予感が充満しています。
11/5の茨城視察にお越しになります。
参加される皆様には、この方が、私がブログで書いたその人ですとご紹介します(笑)。

追記/修士論文テーマを「価値ある障がい者雇用」変更したことをお伝えしましたが、昨日から計画書を作成しています。たたき台がほぼ完成しました。自分で言うのもなんですが、かなりいい感じです。面白い調査、論文が出来そうです。今週のゼミで発表しますが、先生やみんながどういう反響をしてもらえるか、とても楽しみにしています。

(月曜担当:小林秀司)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です