お寺事情

今晩は
本日も研修のため九州に行っていましたのでこんなに
遅い時間になってしまい申し訳ありません。

今日はお寺様にも通常とは違うお寺様があることを
見・聞きしてきましたのでそのことについて書かせて
いただきます。

場所は九州別府
お寺の名は「大法輪寺」
お寺に生まれた住職はお葬式にもランクがあり、戒名は
一文字いくらということに納得がいかず、自分のお寺を
飛び出し「無宗派」のお寺を作ったそうです。

最初は葬儀もなく収入を得る糸口も無く苦労したようですが
次第に住職の思いに賛同し永代供養、葬儀の依頼をされる
様になったようです。

あの世の行先は現世の行動で決まる
見知らぬ人と会った時も「一期一会」と思い挨拶しよう
家族、夫婦は一番仲良く暮らそう
このお寺で供養してもらいたいと思われるお寺を作る

などお話を伺い本日朝「大法輪寺」に伺いました。
無宗派ですので永代納骨堂にはキリスト教の人、仏教
の人といろいろ祭られていました。

そして一番驚いたのは、そのお寺はホテルを買い取った
ものでした。

住職は毎日ブログをし手で書も書いているということでした
平松

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。