世界で活躍する人

こんにちは、三橋康司です。

先日、タイ駐在の国連職員の方のお話を聴く機会がありました。

この方は農学博士を取得し、民間で1年ほどの勤務を経てシリア
に渡り、食料についての任務にかかりました。

ほかにもイエメンやアフガニスタンと言った国での活動を2~3年
ごとに場所を移りながら行ったそうです。

銃が200ドルで売っていることや地雷を踏みそうになったことなど
危険なお話がありましたが、ほかにもないか聴いてみました。

新しい発見としては
食料の供給を担当していた時、供給が滞った時に家を襲撃され

でした。

現地で生活する人にとって、食べることは体を張ることだと思う
と、好きなものを好きなだけ食べられる環境にいる自分がこの
ままでいいのかと思ってしまいます。

同じ人間として共に成長していきたい

と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です