全員参加の経営

土曜日担当長島です。
今、修論の関係で、セムラーイズムという本を読んでいます。
その内容は、ブラジルのセムコ社が全員参加型の経営を構築するまで様子を描いています。文庫本にしては、うーん分厚い!
まだ、一章しか読んでないですが、登場するセムコ社は、会社の規則が簡潔です。
なぜなら、従業員が自立的に正しい行動をとるので、分厚い本のような社内規則はいらないからとのこと。どうしてそんなに従業員のモチベーションが高いのか?全部で36章。気合い入れて読みます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です