義理のお付き合い

最近も引き続き、御不幸にもお亡くなりになる方が多くあります。
 大抵は非常にお世話に為った方々ばかりです。
義理と人情を売りにしてきたので、極力お悔やみに伺います。
 選挙でお世話に為った方には必ず伺わなくてはなりません。
自分が行けなければ、妻、兄弟、または代理人を出します。
 浜松は葬儀が二回あると言っても過言ではありません。
それは盆義理です。毎年7月か8月に盛大に各家庭で行われます。
親戚で無くても行かなければ、義理の欠けた奴と軽蔑されます。
 徳川家康時代からの当地の伝統行事でもあります。
これをこなさなければ、浜松では絶対当選は出来ません。
 私はもう選挙に出るわけではありませんが、過去選挙で、
常時二万人以上の人々にお世話に為ってきたのて、
大変です。昨日も今日も続きました。
 それでも、時間の空いている限り、修士論文の原稿と取り組んでいます。
御蔭様で入学以来、一日も休まず勉強しています。
 一生懸命頑張って、やっと皆さんに着いて行けるのです。
ああ! !しんどい”と思う今日この頃です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です