高齢化社会におけるマーケティングと組織浸透のリーダーの考察

土曜日担当 佐藤浩司です。

「2010年からの人口構成の激変」

なんとなく高齢化で、日本経済は伸びないのはないかと
感じられている漠然とした将来観に、統計を元に数値を与え、
極力イメージを現実に近づける内容にし、高齢化社会、
成熟化社会におけるリーダーのあり方や仕組みづくり、
使命感に伴う実行力を考える時期ではないでしょうか?

それは、下記統計表の事実があり、高齢化により労働力人口
が減っていくことで、リーダーが新価値作りとそれを実行し、
浸透させる仕組みづくりを行わなければならない。

下記は、人口の年齢構成の、今後10年~20年の変化、つまり
確定した未来を示す表である。内容は、シンプルであるが、
意味深い長期計算で、統計としてもし無い場合には、参考に
して頂ければ幸いです。

これから20年、人口構造の変化を示し、起こりえる事情を
共に考えてみたいと思います。

人口や所得が増えれば、消費は増えますが、人口や所得が減れば、
消費も減ります。更に高齢化になれば、医療費・福祉費も増えます。

(単位万人:2010年の人口の年齢構造は厚労省)
四捨五入前の、年齢別人口は
0~9歳(1103万人)、
10~19歳(1196万人)、20~29歳(1431万人)、
30~39歳(1820万人)、40~49歳(1648万人)、
50~59歳(1660万人)、60~69歳(1797万人、
70~79歳(1280万人)、80歳以上(804万人)
(2010年)総人口は1億2700万人である。

表では、全体概観のため、小数点以下考えず傾向を
把握するという意味で、簡略化しています。
80代超の方は、実際、死亡されているが微数のため省きます。

             記
              10~20年 20~30年 20年間
年齢   2010 2020 2030  増減   増減  増減
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
0~9    1100  
10~19  1200 1100     -100     
——————————————————–   
20~29  1400 1200 1100  -200  -100  -300万人
30~39  1800 1400 1200  -400  -200  -600万人
40~49  1650 1800 1400  +150  -400  -250万人
——————————————————–
50~59  1650 1650 1800   -   +150  +150万人
60~69  1800 1650 1650  -150   -   -150万人
——————————————————–
70~79  1300 1800 1650  +500  -150  +350万人
80~   800 1300 1800  +500  +500  +1000万人
         800 1300
            800
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
         *吉田繁治 著「ビジネス知識源」より引用

【50歳以上の人口が50%以上を占めるようになる】
2010年現在、50歳以上の人口は、5550万人(総人口の44%)、
平均寿命は男性78歳、女性85歳です。
人生50年のあと、30年あります。これは、日米欧の先進国10億人に
共通。今、日米欧は、どの国でも60歳以上に見える人が多い。

日米欧の歴史は、仕事をやめた後、30年の人生があるという
世界で経験していない未曾有の時代に向かっています。
戦後60年の変化です。
 *特に日本は、日米欧と比較し、高齢化が10年進行。

20才から49才の合計では、20年で、1150万人(24%)減って
しまう。これは、現在の20才から49才を顧客層として対象に
した商品カテゴリーとサービス・カテゴリーは毎年、売上が
減るということを意味し、

「所得が増える世代人口(20~49歳:2010年は4850万人)が
減少に入った時期」と考えることが妥当なのでしょうか。

人口減少になることで、国民の消費意欲や消費可能総額減り、
設備余剰による生産力の過剰、需要不足という経済になる
可能性も否定できません。

ターゲットの所得が増えれば、消費は増えますが、所得が
減れば、消費も減ります。また、ターゲット市場は、いつまでの
回収設定か?

それをすることによって何を実現し、ターゲットとサービス
提供者に何が得られるか?を想定し、常に考え、社員に
伝え訴えつづけ、理解を得て方向を示し、導くことがリーダー
の役割としてますます重要になってくるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です