海士町の不思議

日曜日担当の清水洋美です

海士町の様子を少しお知らせしようと思います。
世界ジオパーク認定のための新たな国内候補地として推薦されることに決まり、自然の中にも特徴があり、島の皆さんも新しい発見となっているそうです。


この花は通常花びらがもっと少ないのですが、花びらの多いものが一定の場所のみに生息しています。(火山地形と特殊な生態系を有する、豊田地区の明屋海岸)


タケシマシシウド
山道のほんの数メートルの間にだけ生息しています。

ぜひ、世界ジオパークに認定してほしいですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です