風の歌を聴きながら

今日は青空の見える薄曇りで良い天気。新幹線のホームにいると秋を通り越して少し冬の気配がしてきます。ホームのきしめんが温かくておいしそう。

みなさん、こんにちは。土曜班の井上です。

今回の課題図書は「風の歌を聴きながら/東瀬戸サダエ著」です。
我が坂本ゼミで応援しているラグーナ出版さんの本です。


風の歌を聴きながら(Amazon)

「病は財産」「障害を持った人は福の神」など、心に響き残る言葉がここにはたくさんあります。多くのことを知ることができ、特に精神障がいについての理解が深まります。
病気や障がいの意味とは、人間とは、人生とは、生きるとは、と色々と深く考えさせてくれます。これから、偏見なく普通に弱者に手をさしのべるのがあたりまえとなり、普通に一緒に暮らしていける世の中になって行く可能性を感じました。

お薦めの一冊です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です