ははおや

野口具秋です。

スカットミサイルが寸分違わず目標に命中した気分です。
自宅から大阪・吹田の「旬材」に一発で到着。
約束の時間まで1時間あります。秋空の公園で待ちます。
わずかに紅葉した木が高くそびえます。
数十年ぶりに赤いブランコを揺らしました。
石作りのベンチが冷たかっただけなのですが。

予定を越え2時間も取材が続きました。
最後に宮古で壊滅的な被害を受けた
ワイフのいとこの窮状をお話したら、
快く助けになりましょうと約束してくれました。
新井さんと1時間ほどドーナツとコーヒーで過ごす。
串揚げで一杯は次にして別れます。
岸和田の母親に急いで向かいます。

実家は夕暮れにぽつんと佇むが、
明かりとともに母親が現れます。
月初めは、弟が北海道から現れ、数日間を過ごしました。
心つくしの手料理が並び、ビール、お酒、
そしてワインと2人で飲み干します。
弟のお酒はサイズが大きいと笑っています。
耳は少し遠くなったが、
今でも毎月「文芸春秋」を愛読する母親です。

「来年はどうなるか…いつまでここにいられるか…」が口癖です。
そう言い続けて何年が経過したのでしょうか。
今年も「ろうけつ染め」の作品を完成させ市民展に出品しました。
二日後は娘と亡父の妹が来て京都まで出かけます。
とことん好奇心と物見遊山が大好きな
6年前に病魔を退散させた女鉄人なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です