日本ウェストン株式会社さん第2回日本一番大切にしたい会社大賞受賞 素直に嬉しい。

ブログをご覧の皆様お元気様です。 土曜日担当 佐藤浩司です。

日本ウェストン株式会社さん第2回日本一番大切にしたい会社大賞受賞おめでとうございます。昨年視察に伺った後、ゼミで第2回日本一番大切にしたい会社大賞の推薦企業を。ということになり、ゼミ生Fさんと共同(といっても私は推薦文の一部を担当しただけで、ほとんどFさんが行なって頂きました。この場を借りてお礼申し上げます。)で、日本ウェストン株式会社さんを推薦させていただきました。

■推薦理由の抜粋(一部加文、削除あり)

・環境問題に取り組む一方で、社会福祉活動にも力を入れています。がいのある方々との共存を目指す「ノーマライゼーション」の理念に基づいて、当社では雇用を通してバリアフリー(障壁のない)に努力し、実現していること。

・障がい者の方々も一緒に働いていて、今や必要不可欠なパートナーであり、障がい者さんがいない状況では業務が滞りなく進めることができなくなるほど、障がい者と一体となって業務遂行されて、かつ黒字を出し続けている。それだけ、社員含め障がい者雇用を大事にしながら、かつ、共に協力し合いながら、私達は日々企業活動を行っていること。

・障がい者雇用を始め、当時重度の精神障害者が働く場所、自立支援する場所が少なかったため、「精神障害者に職場適応して就職して頂く場所を作りたい。」という動機で、日本ウェストン株式会社の社長(現会長)職を退任する際、退職金を寄付して、社会福祉法人を設立し、職業訓練と就職後のフォローを行う覚悟、そしてそれを実現、長時間働くことが困難な精神障害者がキャストの90%1日8時間働いている方がいらっしゃり、現在も順調に運営していて、企業で取引を企業開拓し、その仕事の一部やウェストンで受けきれない業務を社会福祉法人に委託するなど、「障がい者関係なしに企業と一体」として考えて取り組んでおり、社会貢献活動も高い。

また、リサイクル事業を行なっており、「地球にやさしく」無くてはならない企業であることです。

以下、視察当日、臼井社長自ら熱心に工場を案内いただいている様子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です