やはり、桜の季節

野口具秋です。

市ヶ谷駅前は桜を求めて雑踏です。
このぶんだと、飯田橋まで、
靖国神社、千鳥ヶ淵はどのような状況なのでしょう。
後程、藤井さんの新事務所で花見が始まります。
お堀通りを目指します。
この季節は迷カメラマンに変身します。
6年目の今年も同じ風景を撮り続けています。 

外に出てみると世界は桜が満開です。
住居の裏庭の桜は年ごとに枝振りが立派になります。
いつもの公園は、大樹がこれでもかと力一杯、
ピンク色もたわわに咲き誇っています。
大震災後1年が経過して花見の心が戻りました。
外国観光客も「ビューティフル チェリーブロッサム」を連発。
国内にいったい、何百万、何千万の桜木があるのだろうか。

土手沿いの藤井さんの新事務所3階からの桜は、
満開の淡い桃色が眼の高さに豪華な景色を、屏風絵を広げます。
広々と白を基調とした清潔な事務所は見事な晴れ舞台です。
門出を桜と乾杯。
寒さに打ち振え、無粋なブルーシートを横目にします。
この地はゼミ生の聖地となるでしょう.

先約で辞し、中野の母校に急ぎます。
植樹して19年の桜を20名ほどの古友と愛でます。
姥桜も交じっています。
ポプラのように中ふくれした桜に少し不満です。
酒を酌み交わし急いで帰宅。長男と合流して乾杯。3連荘です。
1時から日にちを跨ぐ飲酒で胃が持たずダウンの日曜となりました。
耳元に「若くないのだから」とワイフ殿の声が降ってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。