正しき経営とはなんであろう

こんにちは、三橋康司です。

皆様、お元気ですか?
今日の気温は28℃まであがるそうです。
体調管理、お気を付けください。

さて、今日は正しき経営について。
昨日、上司が2階級の降格をしました。
会長のポリシーにそむいた活動があったことが原因
だったのですが、少し考えさせられました。

上司には重度の障がい者のお子さんがいます。
呼吸の機械が停まると生きていられないほどのお子さん
です。
2階級の降格で、家庭を圧迫するのではないかと心配に
なります。

本人も悪気があったわけでなく、また本人が入社する以前
からの体質であったのに彼一人に責任が追及されている
ようです。

社長へも都度確認をとっていましたが、社長と会長は高校
時代の先輩後輩にあたり、責任はないようです。

会長へ説明して、降格を回避することもできたのではない
かと思います。

安心して働ける
これが正しい経営の一つのように感じます。

とても考えさせられる出来事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です