為替レート

昨日の為替レートは78円67銭前後といずれも円高です。
そして、本日の日経平均株価は8,345円、原油価格は
WTI 84.29ドル/1バレルとなっている。

承知のように円高であれば輸出企業には不利益をもたらし
反対に輸入企業には有利となる。

こうした中、浜松に多い輸送機器メーカーは当然不利益
をこうむることになる。  株価も3ヶ月前と比べれば30%
も下落している。勿論、世界の投資家による株式から国債
へのシフトが大きな要因だとは思うが・・・・

私の経営するもう一つ会社は運送会社です。
月間、燃料(軽油)を800万円程度使用しますが原油価格
に比例して、その仕入れ価格は当然上下します。
運送業における燃料は、手の打ちようの無いコストでその
価格変動には、どうしても目が離せない。

この円高推移をみて財務省、日銀も気にはしているようだが
はたして本気だろうか?

そして来週17日はギリシャの再選挙、G20と続く
世界の経済動向が気になる日々がしばらく続くだろう。

                               山内忠行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です