奇跡のりんご

先日、奇跡のりんごの木村秋則さんとお会いしました。

懇意にしている四国松山の佐伯康人さんがご自身の農業法人青空で木村さんの指導を受けています。
田植えのイベントのために木村さんをお呼びしたのです。
ぜひ、小林さんも参加されないかという打診をいただきまして行ってきました。

10年も白い目で見られながら、無農薬、無肥料の自然栽培によるりんご栽培に成功されました。
極めた方がもつ圧倒的な説得力がありました。
障がい者が農業を行うことにとても共感をされているようでした。

高齢化が進む農家の人出に障がい者がなって、本物の自然栽培でお客さんがのどから手が出るほどほしくなる安全でおいしい農産物を全国各地でつくっていく。

青空では、枝豆やお米などの収穫が出来るようになり、地元のホームセンターの一角で収穫物を販売しています。
全国の授産施設では工賃が月額1万円ちょっとですが、このモデルで7万円まで支給が出来るようになったとのことです。

とてもビジョナリーでした。

障がい者活用の新たな突破口になるよう実の部分の研究をしていきたいと新しい目標が出来ました。

新たな気づきのある滞在でした。

木村さんに、ぜひ視察させてほしいとお願いいたしました。

「青森は、さっむいぞぉぉぉ」

と暗に承諾をいただきました。

坂本先生のご都合をお聞きして、9月上旬で視察を受け入れていただけないか本日、打診させていただきました。

実現できるといいなぁ。

小林秀司

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です