「日本でいちばん幸せに暮らせる鶏舎」をほぼ実現し、人生の1/3は透析でも幸せを実感しているリーダー

土曜日担当 佐藤浩司です。
熱い日が続きますが、体調など壊していらっしゃいませんでしょうか?

さて、今週は、週はじめ、H24.7.30月曜日、
つまんでご卵(福岡県糸島市:早瀬社長)さんに
視察に行って参りました。

生い立ちから、過去の職歴、そして、現在の地までの経緯や苦労話、
人に助けて頂いた話、ざっくばらんにお話を伺いました。

小生も18才~25才まで、ブロイラー業に従事していたため、
養鶏業の苦労は、鶏舎内での鶏糞の扱いや処理、糞臭、
それに群がるハエです。

事前情報で、それが全くない。ということでしたが本当かな?と
思っていました。
本当かな?と想うのは、新人研修期間に、朝3時に鶏舎に行き、
鶏を捕まえ、カゴに入れる出荷作業を行いました。

つまり、出荷作業を行うには、鶏舎内での鶏糞や糞臭、それに
群がるハエでイメージがあり、完全に無い。というのはあり得ない・・・。
と思っていました。

お話を伺ったあと、鶏舎内を見学。驚くことに全くない・・・。

どういう風に行い臭みがなくなるかは、
視察に行かれて、早瀬社長と是非議論して頂きたく思います。

ここまでの鶏舎ができたのは、社長の「欲が無く、鶏が大好き」と
いうことかな?と思っている所、さらに驚くことを教えて頂きました。

それは、巣箱で生んた卵を洗わずに出荷するということです。
これができるのは、雑菌が無いためです・・・。

言葉でお伝えするのは、簡単ですがそれを実際に行うというのは、
並大抵のことではありません。

また、早瀬社長は、自身が透析を行なっていらっしゃるせいか、
「障がい者雇用」にとても関心をお持ちで、養鶏業は全国どこでも
できるし、農業のように生き物や自然を相手にするのは、
とても良いこと。

そういったことでお役に立てれば、積極的にご協力させて頂きます。
との温かくありがたいお言葉をいただきました。

以下、当日の様子です。

1、 鶏舎です。

2、 1日1万歩の鶏さんです。

3、 つまんでご卵さん直営店です。環境が良くここで食べる焼肉最高!

早瀬社長の経歴とつまんでご卵さんのWebsiteです。
http://www.natural-egg.co.jp/blog/?page_id=49 

ケーキも絶品でした!

九州は、歴史からでしょうか革新的な企業が本当に多い。
と改めて実感しました。

次回以降訪福時、福岡県にある株式会社組織の就労支援A型事業所を
2社見つけましたので、是非、視察に行ってお話伺いたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です