一押しの本

毎日 深夜までオリンピックの状況を追いかけている人たちは寝不足
の日々ではないでしょうか。

私はやはり興味はありますが、明日の仕事を考えるとそんなに遅くまでは
テレビを見ているわけにも行かないと思っています。

しかし、今日は「なでしこジャパン」の決勝戦なのでやはり気になります。

本日は、たまたま手にした「なぜ スターバックスは最高のスタッフを育てられる
のか」と言う本が私には久々のヒットでしたのでご紹介をさせていただきます。

スターバックスと言えばコーヒーショップのチェーン店でそこにそんなに良い
スタッフがいるのか  と不思議に思い読ませていただきました。

スターバックスは全席禁煙
初めて入店する人にはオーダー方法もわからない
と言う現状の中で売り上げを上げ店舗数を増やしていると言うのが現状です

創業者(店舗展開開始の)が一時経営の第一線を退いた時には売り上げは
急激に下がったようですが、今は立て直されているようです

その秘訣は「人」を大切にしている経営です。

スターバックスは価値観を共有できる人財を集めます。
何のために仕事をするのか。何を人々に伝えるのか明確にしていきます
仕事を通して人財育成を図っています
モチベーションも高く仕事をしています。それは会社が自分を大切にしてくれていることを
自覚しているからなのです

等々
坂本教授のような考え方の人がアメリカにもいらっしゃた事に感動しました。
平松

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です