上を向いて歩こう

野口具秋です。

だれでも知っていて口ずさむ「上を向いて歩こう」
(別名:スキヤキ、SUKIYAKI)は、坂本九の大 ヒット曲です。
作詞は永六輔、作曲は中村八大。
ビルボード誌では1963年6月第1位を獲得しました。
日本人初のゴールドディスクを獲得しました。
六八九トリオと言われましたが、
永さんが難病と戦ながら活躍中ですが、2人はこの世にはいません。

61年に国内で発売されたこの曲は
カルフォルニア州の小さな町から
全米に火が付いたのだそうです。
悲しみを乗り越えて、新たな旅立ちの歌詞に…ではなく
メロディーにあったようです。
世界50か国以上、日本人も50人以上カバーされています。
九ちゃんの遺児、大島舞子さんが
九ちゃんとデュエットしたCDを聞きました。

CA.フレズノ市は移民の町で50を超す人種がいるそうです。
ラジオ局に持ち込まれた輸入版は
「歌う女の子の声が可愛い」といわれました。
バックのサウンドがカントリー調で軽快なテンポが心地よく、
日本語の壁を超えたのだと思っています。
2か月後、訪米した九ちゃんのあばた顔を見て
びっくりしたのではないでしょうか。

51年の時を経て、徳永英明がカバーしました。
初めて彼の曲に触れたとき、
美声と自作自演の楽曲の仕上げの良さに
震えるような感動がありました。
絶頂期にもやもや病を患い歌手生命が危ぶまれました。
世界的な曲をカバーするには、
すき焼き回帰と決意があったでしょう。
50年を超えた名曲を聞き比べてみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です