深谷ねぎ

野口具秋です。

時間を早めて、ワイフの車で駅に向かいます。
2カ月に一回の受診日です。
電話が鳴り、坂本先生からでした。とんでもない声をしています。
声がしゃがれてよく聞き取れません。
風邪をひかれたのは初めてではないだろうか。
鉄人教授も生身の人であったことに気が付きました。
大丈夫なのだろうか…。

急激に寒くなりコートを出してきました。
部屋にはホットカーペットを敷き、灯油も買い出しに行きました。
今年も冬の炬燵の団欒が始まりです。
湯豆腐と鍋の季節がやってきました。
子供たちも既に巣立ち、2人だけで、少し寂しいですが、
暖かい湯気が部屋を包むことでしょう。

水野さんと小田急線の鶴巻温泉で待合わせです。
新宿から急行で1時間です。
駅員がウソを教えたのでは…、平塚市でした。
ひなびた温泉地を想像したら、
東海大学のキャンパスがあり立派な町でした。
訪れた会社は高品質な豚の生産・加工の
美味しい食材を提供しています。
直売店がなく2人は落胆を隠せません。

高崎線・深谷駅は東京駅と同じ赤いレンガを使用しています。
渋沢栄一出身の地で知られています。
J生命の松埜さんと医療機関を調査です。
20人ほどのスタッフと理事長が全員で答えてくれました。
深谷ねぎを2束買ってしまった。重くて後悔しきり。
びっくり顔のワイフ殿と鍋パーティーの始まりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です