快挙

野口具秋です。

とんでもない元旦でした。
急に思い立ち、早朝からオープンする
入間のアウトレットに行くことに決めました。
おせち料理は昼帰宅後で。僅か40分で到着です。
だが、入場までに1時間半を要しました。
モール内は雑踏です。
福袋を求めて5時から並んだ車があったのです。
本当かな!人ごみの中、4時までいました。
はしを付けたのは5時を回っていました。

この数年、箱根駅伝に2日間釘付けです。
30数年振りにフレッシュグリーンの懐かしい母校の
青山学院が箱根路に戻ってきたと思いきや、連続シードを果たし、
あろうことか昨年は5位入賞を決めたのです。
おまけに、秋の出雲駅伝で初優勝を飾り、
一躍優勝候補にまで登ってきたのですから。

89回大会は3年振りに予選会を突破した我が法政も出場です。
こんな贅沢はありません。
「どちらを応援するのか」と問われて、にやにやするばかりです。
ワイフ殿、末息子も加えると4校なのです。
チャンネルをいつ変えられるかと慄きながら
強風で苦しむ選手たちに応援を送ります。

疾風の如く山を駆け上がった法政は往路5位の大健闘。
続いて6位ゴール。昨年19位の日体大が絶好調。
下剋上を果たします。
法政がじりじり順位を下げ、母校も6位から順位が伸びない。
10位を決めるゴール直前の大デッドヒートは見られなかったが、
安全圏で9位、8位で来年のシードを確保。7年ぶりです。
4年連続の出場で来年こそ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です