海外との連絡から見えること

こんにちは、三橋康司です。

大雪から2日経ちました。
皆様、おけがはありませんか。
路面が凍結するなどによる貨物の遅延の影響が
弊社でも目立ちました。通常5時間の道が10時間
経ってもたどり着かないと聞いた時には驚きました。

ぼくは川崎駅前ではでに転びました。
まんがのような転び方でなんだかとても気持ちが
良かったです。

最近はもっぱらイタリア・インドと連絡をとりあっています。
それぞれの国の事情や国民性を知ることができます。

例えばイタリアは12月22日ごろからクリスマス休暇に
入ります。
しかし、付き合いのあるオリーブオイルメーカーは31日
まで連絡が取れたりもします。

インドはレスポンスが早いのが特徴です。
これはやり取りしている担当者によるものかもしれません
が、返信が早いととても助かります。

トルコに連絡をとると、熱心に電話がかかってきます。

といった具合で、毎日、さまざまなことに取り組んでいます。

さて、ここまでお読みいただくと分かることが、
現地の人と会う機会は意外とない、ということです。

本当は定期的に直接会いたいのですがそれにはもう少し
時間がかかりそうです。

メールで毎日のようにやり取りしていても
やはり会っているといないとでは、困難な局面での対応
に差が出てきそうです。

これからも人とのお付き合いを大切にしていきたい、と
思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。