加速する人本主義社会の形成

あきらかに世の中の流れが人本主義社会形成に向きつつあると感じられないでしょうか。

政策では『地域中小企業の人材確保・定着支援事業』
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/koyou/2013/0222KakuhoTeichaku.htm

この事業の一環として、研究室では人を大切にする会社調査を行い中小企業版ミシュランを作成する事業を展開しています。全国46の地域で動き出しています。

マスコミと大学では『優良成長企業認定制度』
http://www.innovations-i.com/goodcompany/

フジサンケイグループと大学新聞社が「優良成長企業認定制度」を立ち上げ、人を大切にしている会社の情報を「就活支援ジャーナル」で発行していくプランが進行しています。

行政では、四国経済産業局が『四国でいちばん大切にしたい会社大賞』を設置、そして北九州市が『北九州オンリーワン企業創出事業』を進めています。
http://www.ktc.ksrp.or.jp/fn/mr/only-one1.html

認定式に坂本光司教授が招かれ、顧客も社員も幸せにする経営についての講演を行います。この顕彰事業も今後、大切にしたい会社大賞の色が濃くなってくるのではないかと考えられます。

とうとう経済団体も。

八代でいちばん大切にしたい会社大賞
http://8246cci.or.jp/info/1276/

八代商工会議所が「八代でいちばん大切にしたい会社大賞」を創設することになりました。大賞のサイトでは、『「人を幸せにする経営」を目指している会社がこの八代にもあるはず。八代商工会議所は、このような会社を紹介し、今後も企業の見本として実践継続されている会社の応援を目的に大賞を募集します。』と目的を明快にしています。

これからの社会で会社経営をしていくうえでは、人を大切にする会社づくりが何よりも大事な命題になってきました。そういう会社でないと優秀な人財を確保できなくなってくることが予見されるからです。

これはもうすでに起こった未来といえるのではないでしょうか。

小林秀司

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「加速する人本主義社会の形成」への1件のフィードバック

  1. 小林さん
    こんにちは!
    全くの同感です。
    これからはやっぱり人を大事にする会社が生き残って行けるのだと思います。